テキサスホールデムとは?賭け方や特徴

「テキサスホールデム」は賭け方に特徴のあるポーカーゲームです。ポーカーとはカードを使って勝敗を決める有名な遊びとして親しまれています。アメリカでは「プロポーカー」という職業が確率するほどポピュラーなゲームで、専業で収入を得るために日々試行錯誤が行われています。なおその中のテキサスホールデムはフロップポーカーの一種で、フロップポーカーの特徴はテーブルにコミュニティカードと呼ばれるカードがある事です。このカードはプレイヤー全員がハンドとして共通に使えるもの。5枚で役を作り他の参加者との勝負を開始します。

気になる!オンラインカジノの楽しみ方はこちら今流行りのオンラインカジノとは?|安全性や特徴

このゲームは自由に座れるカジノと違って席順が自由ではありません。仲間同士でのプレイであったりトーナメント戦の場合は、番号札やトランプを使って決めるのが原則です。公平を重要視するのであれば、くじびきで決めるのも良しとされています。そして次には、ディーラーボタンの場所を決める必要もあるのです。これは円盤型のタイプで、一般的には「DELLAR」と書かれています。カードを配るディーラーとは別なのでこの点は注意しましょう。またテキサスホールデムでは、リアクションもカードを配っていく順番も基本時計回りです。

そして賭け方のポイントは、相手の癖に注意する事でしょう。たとえば前屈みの姿勢をとりレイズするように見せるプレイヤーは、実際にレイズする気がない可能性が高いです。逆にチェックしてほしいとアピールしている場合があったりなど、自分が持っているものと真逆な振る舞いをする癖が典型的です。1対1で進めていくポーカーに比べて心理戦で臨むので、駆け引きや観察力が必要とされます。たとえ弱いカードを持っていても賭け方によっては勝てる可能性があるのが魅力です。