ルーレットの勝率を高める賭け方

初心者からベテランまで、幅広いプレイヤーに人気のカジノゲームがルーレットです。ルーレットの賭け方は様々な種類がありますが、赤か黒か、奇数か偶数かなどのシンプルな2択もできるので、遊びやすいのが特徴です。配当は賭け方によって大きく変わり、当然ながら的中しづらい予想を当てた方が多額の配当を得られます。ルーレットをプレイする場合、テーブルによって最高賭け金額と最低賭け金額が存在するため、レートをチェックして参加するテーブルを決めましょう。

オンラインカジノでのポーカーの楽しみ方とは?【初心者講座】ポーカーのベットをわかりやすいく解説|ポーカールール

賭け方はテーブルの上にチップを置くだけですが、テーブルには大きく分けると2種類のゾーンが存在します。インサイドベットは、数字が書かれているエリアに賭ける方法です。1つの数字に予想を絞る1点賭け(ストレートアップ)に加え、隣合う2つの数字にチップを置く2点賭け(スプリットベット)、縦1列や隣接する4つの数字、2列に賭けるなどの置き方があります。アウトサイドベットは、数字の外側のエリアに賭ける方法で、1枚のチップで多くの数字をカバーできるのが特徴です。赤または黒を当てるカラー、奇数または偶数を当てるオッドイーブンなどがあり、的中させやすい分だけオッズはインサイドベッドより低くなります。

勝率の高める賭け方として、シフトベットというテクニックが存在します。ルーレットを4分割し、1エリアにある9個から11個の番号に賭ける方法です。1単位が1ドルのレートの場合、最低でも1回の勝負で9ドルが必要になりますが、勝つと35単位の配当を得ることができます。これまでの数字の履歴やディーラーのクセなどから、どの位置が当たりやすいか予想を立てることも重要です。しかし、4つの組合せに集中することができるので、狙いを絞りやすくなる利点があります。