バカラにおける基本的な賭け方

バカラとは、バンカー・プレイヤーの仮想の二人が勝負を行い、どちらが勝つかを予想するゲームです。カードは全てディーラーが操作するため、客側ができるのはチップを賭けるだけです。配当の計算も勝てば2倍になるという簡単なもので、1ゲームが数十秒で終わることからスピーディーにゲームを重ねていくことができます。

バカラの賭け方としては、専用のテーブルにいつでも自由に座って勝負を始められ、止めたい時も席を離れるだけです。テーブルにはシートが敷かれ、バンカーやプレイヤーなどの表記があるので、ディーラーが締め切る前にチップを置きましょう。ディーラーが締め切りの宣言を行うと、カードが配られて勝敗が決まります。バンカーとプレイヤーのほかに引き分けなどに賭けることも可能ですが、基本的にバンカーとプレイヤーの2択が基本の賭け方です。引き分けなど他の賭け方は配当は高いですが当たりにくく、ハウスエッジも非常に高く、客側が損をしやすくなっています。

初心者必見!まだこの記事を読んでない方はこちら!【初心者講座】ポーカーのレイズをわかりやすいく解説|ポーカールール

バカラでは配られた2枚のカードの合計数字、その下一桁が9に近い方が勝ちです。絵札は10にカウント、Aは1にカウントされ、2枚の合計が10を超えた場合は下一桁の数字のみ採用されます。バンカーにはコミッションが設定されていますが、追加のカードを引ける有利さから、わずかにバンカーの方が勝率が高くなっています。そのため、バカラにおいて最も勝率を高める賭け方はバンカーに賭けることです。もっとも、バンカーとプレイヤーの勝率の差は1%程度なので、短期間の勝負ではそれほど差が感じられないことでしょう。バカラはシンプルなルールで技術を必要としない分、ゲームに慣れていない人でも運によっては勝てる可能性があるのが特徴です。