これだけは知っておきたいブラックジャックの勝ち方

ブラックジャックといえば合計21になれば勝ちというルールを思い浮かべます。すると、その勝ち方もいかに21に近づけるかということになりますが、誰と勝負するかといえばディーラーとの勝負です。ディーラーに21を出されれば21を持っていても引き分けであり、勝ちにはなりません。絵柄を含む10の数字とエースによるブラックジャックが完成していれば、そちらが最優先されますが、ディーラーも同じように完成していればディーラーの勝ちです。ディーラーがどの数字になるかを考慮しながら遊ばないとブラックジャックでは勝てません。
また、ベラジョンカジノも稼げるゲームとして人気があります。

勝ち方として知っておきたいのは、ディーラーが出た数字を見ていくことです。ディーラーは2枚の合計が16以下であれば必ず3枚目を引かなければなりません。最初に目に入るのはディーラーの1枚目だけですが、この数字が5や6だった場合、3枚目を引くのは確実です。しかも10を引けば、22以上になってしまうバーストになる可能性は格段に高まります。バーストになる可能性が高い状態では無理に21に近づける必要はなく、17あたりで止めておいても問題ないです。あとは可能性の問題ですが、これだけでも知っておくと勝ち方がなんとなく頭の中に入るはずです。

ブラックジャック同士はディーラーの勝ちになりますが、ディーラーの持ち札にエースが出ていたり、キングやクイーンなどが出ている時しかそんなことにはなりません。つまり、相手が8や9などの数字で、こちらは絵札であればブラックジャックを完成すれば確実に勝てます。覚えることは色々とありますが、これらを習得しておくだけでも相当楽しめることは明らかであり、どこででも実践できるようになります。