ポーカー初心者が覚えておきたい賭け方

トランプのゲームとして、ポーカーで遊んだ経験がある人は多いのではないでしょうか。遊んだことがある人ならストレートやフルハウスなど様々な役については知っていると思います。役は知っているけれど、カジノでの賭け方はわからないという人が大半なのではないでしょうか。カジノでのポーカーは定番といっていいゲームですが、ベットやレイズなど専門用語の意味が解らなければ、ゲームに参加しても訳が分からないままゲームが進んでしまいます。まずは専門用語を覚えて、どんな賭け方があるのか何がどういった意味なのか覚える必要があります。基本的なルールを覚えておけば、カジノのポーカーでも戸惑うことがなく上手に賭けることができるようになれます。

ポーカーでは基本的に6つの行動をとることができます。専門の言葉を使うのでよくわからないかもしれませんが、それぞれの意味を知っていると実はとても簡単です。まずゲームに参加するときは、コールと宣言します。そしてベットは賭けるという意味になるので、チップを出す合図として使います。カードの役に自信があってさらにチップを上乗せしたいときは、レイズになります。逆に勝負から降りるときはフォールドを宣言する必要があります。カードが配られるのをパスしたいときはチェックと言い、持っているすべてのチップを賭けて一気に勝負に出るときはオールインを使います。この6つの行動を上手に組み合わせる賭け方がポーカーの基本になります。

オンラインカジノとは?まずはこちらをチェック!【2018年最新版】ビットカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方

ポーカーの醍醐味は、配られたカードの役で決まるのではなくディーラーやほかの参加者との駆け引きを楽しむところにもあります。しかし駆け引きを楽しむためにも賭け方がわかっていなければ意味がありませんので、6つのルールは基本として覚えておきましょう。上手な賭け方ができると例え役がなくても勝つことができたりもします。